田園調布 長田整形外科 スタッフブログ

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

田園調布 長田整形外科 スタッフブログ

田園調布長田整形外科のスタッフブログです。スタッフからオススメの情報などをお伝えします。

14th Holistic Holiday at Sea 2017 "Healthy Vegan Cruise" A Voyage to Well-Being!!

杉山洋一

 スタッフの杉山洋一です。

3月11日〜1週間のホリスティッククルーズ2017に参加してきます〜!

f:id:osadaseikei-staff:20170306133214j:plain

旅行へ行って「ちょっとヘビーなもの食べすぎちゃった〜」「休暇にはなったけど、〇〇キロ太っちゃった〜」なんていうありきたりな旅ではありません。

 

船内で一週間、美味しくヘルシーなヴィーガン料理(動物性食品を摂取しない食事)を堪能しながら、食の大切さを学び、さらに心身ともにより良い健康(well-being)を過ごすには?ということをさまざまなレクチャーやワークショップなどを通して考え、体験、実践し、尚且つカリブ海の各地のロケーションでアクティビティーや観光を楽しんだり、ゆっくりとくつろいだりするクルーズの旅です。

 

高級感、フィットネス、知識、エンターテインメントの完璧な組み合わせを提供し、体を癒し、リラックスし、教育的休暇をとっていく Holistic Holiday at Sea です。

 

こんな高層マンションみたいな船で ↓f:id:osadaseikei-staff:20170306164732j:plain

 

マイアミを出発し、カリブ海を周遊しながら ↓f:id:osadaseikei-staff:20170306165136j:plain

 

こんなところや ↓(Jamaica, Ocho Rios) f:id:osadaseikei-staff:20170306170204j:plain

 

こんなところや ↓(Cayman Islands, George Town)f:id:osadaseikei-staff:20170306170215j:plain

 

こんなところや ↓(Mexico, マヤ終焉の地 Tulum遺跡)f:id:osadaseikei-staff:20170306170315j:plain

 

こんなところを ↓(Bahamas, Great Stirrup Cay)f:id:osadaseikei-staff:20170306171128j:plain

 

巡りながら、ウェルビーイングな健康を図るクルーズの旅です。

 

船内では、こんな料理や ↓(ディナー)

f:id:osadaseikei-staff:20170306152658j:plain f:id:osadaseikei-staff:20170306152644j:plain f:id:osadaseikei-staff:20170306152653j:plain f:id:osadaseikei-staff:20170306152702j:plainf:id:osadaseikei-staff:20170306154137j:plain f:id:osadaseikei-staff:20170306152648j:plain

 

こんな料理 ↓(ランチブッフェ)

f:id:osadaseikei-staff:20170306152747j:plain

を食べます。(ちなみに、夜はヴィーガンピザパーティーやヴィーガンアイスクリームパーティーなんかもあります)

 

健康、予防医学に関する世界の主要な専門家の講演や、プラントベース(植物性主体食)やマクロビオティック、オーガニックフードなどのレクチャー(お料理教室)、運動、ヨガ、マインドフルネスなどなど…各界の専門家が一同に集い、船上で開催される最も大きい最も包括的な健康プログラムのクルーズです。

www.youtube.com

要は、健康増進リトリートの、船上バージョンの大規模バージョンという感じでしょうか。今年は45人以上の講師と140以上のクラスで構成されるそうで、規模も内容も相変わらず盛りだくさんです。

 

講師陣は大変豪華で、栄養学の世界的権威者 T. Colin Campbel 博士や、米国糖尿病学会と米国栄養士協会の健康的な食事に関する公式政策声明を発表されているヴィーガン提唱者の1人である Neal Barnurd 博士、さらに、ビル・クリントン元大統領の医師であり、植物性ベースの食生活でクリントン大統領の健康を大幅に改善した、予防的および回復的な心臓血管医学の画期的なパイオニア Caldwell Esselstyn 博士などなど、、、ここでは書ききれないほど沢山の健康、予防医学の先駆的なドクターや専門家陣が乗船されます。

 

一昨年は、ベニスビーチでオーガニックヴィーガンレストランを経営されていたSanaeさんのクッキングクラスなどに参加しました↓(彼女は癌と自動車事故の致命的怪我から回復されたとてもパワフルな方で、ナチュラルライフスタイル・マクロビオティックの先生です)

f:id:osadaseikei-staff:20170306210407j:plain

 

もう今年で14年目のホリスティッククルーズの開催となるそうですが、私はKITAサウンドヒーリングチームとして2015年に初めて乗船し、今年は2回目の参加となります。一昨年はクルーズの定員約4000人近くの内、約1700人ぐらいがホリスティッククルーズの参加者でした。すごい大規模です。

 

今回もホリスティッククルーズのプログラムの一環として、当院のリハビリテーションやウェルネスプログラムのメニューでも実施している体感音響システムのサウンドヒーリングを提供するために、講演、体験会、プライベートセッションのスタッフとして乗船してきます。

 

一昨年のKITAサウンドヒーリング講演会の模様 ↓(私は右端で体感音響のデモンストレーションをしています)

f:id:osadaseikei-staff:20170306210911j:plain

 「音」による健康法は近年、益々注目されてきていますが、このときは涙したり、驚嘆している人がいました。海外の方の反応って素直というか単純というか、こうなの!みたいなのありますよね。僕の同期のセラピストは、重金属汚染の皮膚症状からの復活の体験談をしっかりスピーチしていましたが、たぶん今年も完璧なスピーチをしてくれることでしょう。

 

また、健康における食生活への関心、食の価値観の転換は、外国のほうが先駆けてシフトしていったのですが、その文化的な規模や根付き方を肌で感じましたね。

 

今や日本食(和食)がユネスコ無形文化遺産に登録されていますが、海外のドクターは、日本食を健康食の最筆頭にあげたりしています。

 

私も以前このクルーズで、ある日の朝食のとき、ある有名ジムのタンクトップを着た、こんがり日焼け&ムキムキ筋肉のエネルギッシュなアメリカンのおばさまと相席になり、「メニューの味噌スープってイケる!?」と聞かれて、「美味しいですよ!」と答えたのですが、そのあと、おばさまが「しょっぱ〜い!!」なんて言って食べていたのを思い出します。

 

味噌の抗酸化、抗糖化作用は世界的にも有名なようで、味噌汁は普通に船内の食事メニューとして毎日出てきます。味噌は世界的な超健康食品なんですね。

 

日本食を食べ始める外国人。日本食を食べなくなる日本人。なんなんでしょうね。特に食と病気との関連は欧米では当たり前のようにテーマに取り上げられますが、たとえば癌の発症率なんかは欧米では減ってきているのに、日本では増加の一途をたどっています。このギャップたるや否や。日本人が置いていった価値観を外国人がひろい始める。そして未来を見出し始める。これは食に限ったことではないですが、ん"〜と考えさせられる次第です。

 

ちなみに、ヴィーガンアスリートやベジタリアンアスリートが海外には普通に存在していることをご存知でしょうか? 運動を専門にしている人が、肉食をしていないという事実を。しかも彼らがオリンピックメダリストだったとしたら?

 

この辺は、またイベントでお話しさせていただこうかなと思います。

 

とにかく、今年はどんな体験が待っているかとても楽しみです。「音」さらに「食」を通して、世界の人々とウェルビーイングな航海を楽しみたいと思っています。

 

現在、ウェルビーイングセミナーマーケットとして食のイベントを実施していますが、帰国後、ホリスティッククルーズ関連の先生方の情報&クルーズ報告も兼ねたイベントも実施予定です。 イベント案内や今年のクルーズ報告に関しては、また改めてこのブログでご案内させていただきます。

 

どうぞお楽しみに☆

f:id:osadaseikei-staff:20170307001338j:plain