田園調布 長田整形外科 スタッフブログ

田園調布 長田整形外科 スタッフブログ

田園調布長田整形外科のスタッフブログです。スタッフからオススメの情報をお伝えします。

【自然のリズム=宇宙のリズムを知り、実践に生かすイベント✴︎12月23日(金)祝日】

音や星々を通してウェルビーイングな(満足のいく)人生を提案している杉山洋一です。

月1回、地味に開催しております占星学イベントのご紹介です。

 

Well Being Meeting ~水瓶座の時代へ~Astrology」シリーズ 十二星座  山羊座

f:id:osadaseikei-staff:20161204131306j:plain

Saturn, Photo by NASA


私たちは自然界ありきで生きていることは誰しもご存知かと思います。

 

地球の自然は、植物、動物、微生物などの生命により成り立ち、そのすべての生命は、太陽や月など宇宙の天体の影響を受け、命を維持し続けています。

 

日の恵みがあり、水の恵みがあり、お土の恵みがあり、春夏秋冬があり、昼と夜があり、その恵みとサイクルの中で私たちは生命を営んでいます。

 

たとえば私たちのクロック遺伝子には、天体の影響と地球の自転運動から生まれる概日リズム(24時間)が備わり、この地球環境に共鳴し調和して生きていこうとしています。

 

それが人間の生理活動においては自律神経系、内分泌系、免疫系をつかさどる生体恒常性として機能し、社会活動においては時計や暦 (カレンダー) に置き換わります。

 

しかし現代人は単に数字的な「時間」にとらわれた生活を送っていることがほとんどですよね。

 

時間は本来、太陽の回りを公転しながら自転をする地球の周期や、地球の回りを公転する月の周期の事です。

 

現在のカレンダー(太陽暦)は、太陽が黄道上の分点(春分・秋分)などに回帰する太陽年にあわせて定められています。

 

さらに明治時代初期以前のカレンダーは、月の満ち欠けの繰り返しで成り立つ太陰暦が基となる太陰太陽暦が用いられていました。

 

 

…… つまり何が言いたいのかというと!?

 

星々のリズム (宇宙のリズム) の中で私たちは生きているということなのです。

 

いきなりこういうとこをいうと、″現実世界と切り離された″ スピリチュアルなこととして捉えてしまう人がほとんどかと思います。

 

それは魚座の時代(二極化)の典型的な信念体系であり思考パターンでもあるので、現実味がないこと=ありえないこと=価値のないこととして捉えてしまいがちです。

 

宇宙のリズムを紐解く占星学

古代においては、宇宙の構造、歴史、人間とは何か、宇宙とは何かといった問いが人類の哲学の中心にあり、この哲学背景をもとに医学、科学、天文学は発展していきました。

 

現代のように知識がバラバラに切り離される以前は、宇宙と人間、神と人間、自然と人間との関係性を理解する一つの純粋な学問体系として占星学が存在していたのです。

 

占星学は現代科学で理屈づけができないが故の非科学となっていますが、統計学的に言えば、最も古く、最も実践的な科学と言っても過言ではないでしょう。占星学は古代の科学であり哲学であったのです。

 

『大宇宙の雛形が小宇宙の私たちである』

『下にあるものは上にあるもののごとく、上にあるものは下にあるもののごとし』   —ヘルメス・トリスメギストス  “エメラルド・タブレット”

 

三倍偉大なヘルメスの言葉です。そして全世界の叡智の三部門(錬金術・占星術・神働術)を知るが故のヘルメス・トリスメギストスとされています。

 

古代哲学の中心には、天即地、地即天の概念があり、そこから人類の叡智が築かれていったのです。

 

本来の「Astrology」は占いではありません。Astro【星】, Logic【論理・学問】であり、星の学問=天体学と訳すほうが妥当でしょう。

 

Astronomy(天文学)と分けるために「占」という文字があてられているのです。分離の時代の流れか天文学と占星学はわかれてしまっていますが、本来は両方ともCosmology(宇宙論)に通ずる学問体系なのです。

 

f:id:osadaseikei-staff:20161204132822p:plain

Cosmographia,

 

 実は、数学者のピタゴラスや、天文学者のヨハネス・ケプラー、万有引力のアイザック・ニュートンなど錚々たる歴史の著名人たちは皆、占星学者や占星学研究者だったのです。

 

巷の「星占い」に翻弄されるのも性。

叡智のAstrologyに触れてみるのも性。

 

今は「選択(洗濯)」の時代であり、個々の選択(洗濯)へのグラウディングこそが水瓶座の時代を一歩づつ前進していくことになります。

 

自己は十二の星座(サイン)の影響下にある。

「私は何々座だから...」と太陽星座だけで自己を縛ってしまう還元思想から解き放たれると、本来の自己(全体性)である獣帯(ゾディアック=黄道十二宮)に共鳴していきます。

 

この会ではいつも、太陽星座だけにとらわれない全体性の視点を毎回毎回口うるさくお伝えしています。(本質を見失うからです)

 

というのもすでに水瓶座の時代の影響下にある現在は、バランス、統合、調和といったことが時節のテーマでもあるため、全体性の視点を獲得すればするほど、個人の可能性が開かれていくということになります。

 

このイベントは約5000年以上もの歴史を持つといわれる純粋な占星学を通して自分を知り、自らの人生をクリエイトしていくためのものです。

 

月ごとに巡る星座の解説と、各自のその星座にまつわるホロスコープチャートミニリーディング、そして星座や星座の支配星に対応する香りや音を用いて五感の活性を行い、さらにクリスタルボウルと自分の声でマントラヒーリングを実践していきます。

 

自ら主体的に宇宙のリズムにがっつり同期させていきます!

 

12月29日の山羊座の新月(スタート)の下準備のためにも、心身のエネルギーをチューニングしておくのも良いかもしれないですね♪

 

これから本格的に突入する水瓶座の時代を生きるための自己の理解と実践を占星学を通して深めていきます。宇宙は全て自分の中に存在しているという大きな自己の可能性の扉を開いた世界へ、 どうぞいらしてみてください。

 

※今回は12月21日の冬至チャート解説のタイミングです! 冬至は春分からスタートしたことの「結果」を出すタイミング。そして、2017年の(宇宙的な)スタートである春分までの動向を読み解いていきます(≧∀≦)

 

=====================

日時: 12月23日 (金) 祝日  13:00~17:00

会場: 田園調布 長田整形外科リハビリルーム

料金: 7,000円


定員: 10名
 (残 4名)

ナビゲーター:  ウェルビーイングクリエイター 杉山洋一

 

✴︎山羊座の回、予定スケジュール

・十二星座解説… 山羊座 

・天体解説…   土星

・ミニ星読み…  2016年、冬至チャート解説

         私の山羊座テーマ(各自一人ひとりの星読みです)

・HealingWork…  星座と星の香りと音&声

 

✴︎申し込み・お問い合わせ

杉山洋一

forone412@gmail.com

 参加者お名前(フルネーム)と、ご連絡先をお知らせください。


折り返しお支払いの詳細等をご連絡致します。

 

※ミニリーディングには、生年月日、出生場所、出生時間が必要となります。出生時間がわからない場合は、可能な限りでわかるだいたいの出生時間をお知らせください。

=====================